炭火焼き鳥屋

西に向かって土下座ァ!

輝ける舞台のたいちぇちゃん

4/3です!

関西ジャニーズJr.の11年組が10年前の今日にジャニーズ事務所に入所しました、おめでとう!キューブあげます!

 

11年組は何人もいるし、09年組もこの日が入所日で、祝うべき人はたくさんいるけどこのブログでは自担である福本大晴さんのことだけ書きます。他メンも多少は登場すると思いますが!

 

 

 

 

 

 

10年間の間に彼はたくさんのことを経験してるんだろうと思う。たいちぇちゃんがジャニーズ事務所で過ごした10年間は、私が普通に過ごした10年間の何倍も濃くて、嬉しい楽しいことも、悔しい悲しいことも、何倍も経験してきてるんだろうと思う。

一つ年下だけど、私よりもたいちぇちゃんは多くのことを経験していて、その分強くて逞しい人間なんだろうなと思う。

 

たいちぇちゃんを好きになってから、たいちぇちゃんは私にたくさんのキラキラした輝いてる舞台を見させてくれた。

その全ての舞台が100%プラスの感情で見れたわけじゃない。こんなに素敵な子を前に出さないの意味わかんない、もったいないと思ったこともあった。

 

Aぇ! groupができて、たいちぇちゃんがメインになる舞台を見ることができて、なんて素敵な世界だろうと柄にもなく大袈裟なこと思っちゃった。

 

私がAぇ! groupのたいちぇちゃんを初めて見たのは凱旋だった。1列目に立つたいちぇちゃんを見た時、胸がいっぱいで泣いちゃいそうだった、セリフ数があり得んほど多くて、スポットライトを浴びながら歌って踊ってベースして、ギャグして、すっごく心の底から楽しそうにしていて、無限に見ていたいと思った。

凱旋の千秋楽だっけ?たいちぇちゃんが泣いちゃったやつ。その回は入ってなかったけど、たいちぇちゃんの気持ちを聞いて、たいちぇちゃんの不安や焦り、でも期待に応えようとした踏ん張りが、私の想像?理想?だけで終わるんじゃなくて、福本大晴というアイドルは本当にそういう存在なんだと思ったら泣けてきてしまって、そのレポを見ながらめちゃくちゃ泣いた記憶あります。

こんなこと話してたら気になって、今そのレポを検索して読み直して泣きました(弱)

 

Aぇんですかの初日、初めてたいちぇちゃんのうちわを買った。謎にグッズ売り場がガラガラで笑ったんだけど、"たいちぇちゃんのうちわを買える"という事実に無駄に緊張してすごい汗かきながら(真冬)売り場のお姉さんの前に行って「ふ、福本くんのうちわ、2枚ください‼️」と自分が思ったより大声で言ってしまったし微妙に声が裏返ってクソはずだった記憶あります。そんな恥ずかしい思いしながら買ったあなたのうちわ、嬉しくて嬉しくて、永遠に眺めてやる!と思ってたのにいざ手にすると至近距離で顔面を見つめるのが恥ずかしくなって家帰ってからしかちゃんと見れんかった。

その日のコンサート、めちゃくちゃ楽しくて、私、過去行った現場の中で3本の指に入るくらいに楽しかった。忘れない、オープニング映像でデカデカと画面に映し出される顔、Firebirdのイントロと共に出てきた影、スポットライトついた瞬間の顔、一生忘れない。あなたがこんなにスポットライトガンガンに浴びてめちゃくちゃ楽しそうに、それを噛みしめているようにパフォーマンスしている姿は来世まで覚えていたい記憶。

 

京セラ、たいちぇちゃんが京セラの舞台にメインとして立つ日、こんなにも早く実現するなんて…さ……。なんの曲だっけ?たいちぇちゃんがセンステに一人でいる時があって、それがスポットライトで逆光になってて、たいちぇちゃん見えなくて、でもそれが神々しく見えて、あぁたいちぇちゃんってこんなに綺麗な人なのに底知れない努力を重ねてきている人で、その努力のおかげで今私はこの景色を見ることができているんだなと、すごく綺麗でした、あの瞬間忘れない。一瞬、逆光で見えないのはたいちぇちゃん自身が発光しているのでは?と思いましたがそんなわけないんですよね(自分にマジレス)

成人の日、みんなに祝ってもらって涙目になっていたあなたを見て、信じられない!みたいなテンションでいるけどあなたが信じられないと思っているくらいに素敵な空間はあなたの努力と人柄から結ばれたものであってあなたはこの空間にふさわしいんだよと、大声で叫んでやろうかと思った(迷惑)(インキャなので無理) あの時の笑顔、本当に幸せそうで透き通った笑顔で綺麗だったな。

 

もしも塾、たいちぇちゃんの回を引き当てた。我ながらすごい。ひなちぇちゃん見れた。嬉しい。たいちぇちゃん、暴走の輪にうまく入れなくてオドオドしたり、えぐい可愛いセリフをぶち込んできたり。バラエティを頑張ろうとするたいちぇちゃんがかっこよかった、必死に食らい付いて、少しでも爪痕を残そうとしているように見えて、私の好きなたいちぇちゃんだ!となった。でも本人的にはもっと良くできたなと思ってそうだなとか思ったり思わなかったり…

この前雑誌で「村上くんへ またもしも塾に出たいです」って言ってて泣いちゃった。"今ならもっとうまくできる気がする"的なことも言ってて泣いちゃった。やっぱ前の納得いってない部分もあったのかな〜?と思う一方で超激甘オタクなので、前もすごい上手だったよ〜となった。でも自分で前より成長したことを先輩に向かって堂々と言えるの、すごい、それ相応の努力があるからこそだろうと思う。やっぱり福本大晴さんは努力の人だ、と改めて思った。これからの舞台やテレビでたいちぇちゃんなりのバラエティを見ることのできる機会がたくさん与えられるといいなと思った。

 

Zepp、半年ぶりに見るたいちぇちゃんだった。どんどん中止になる現場に本人たちは私たち以上の悔しさ悲しさやるせなさに襲われたと思う。その鬱憤を晴らすように、"俺たちこんなもんじゃねえんだよ"と聞いたことないような太くて力強くて悔しそうな声で言ったたいちぇちゃん、忘れない。ウイルスに様々なものを潰されても運命はお前に左右されてたまるかという意志を感じた、単純にかっこよかったし、無限にあなたに着いていきたいと思った。

最後の方で上の方の席を見ながら笑顔で手を振るたいちぇちゃんを見て、この人ならたくさんの人を幸せにできるしそのたくさんの人の中にずっと私はいたいと思って、気づけば持ってたうちわも下げて音に合わせて振るペンライトも止めて、上を見て手を振るたいちぇちゃんに見惚れていた。

 

青木さん、行けて良かったと心から思った。たいちぇちゃんはギャグに長けているし頭の回転も速いし、一般的に言えばバラエティ向けと言われる分類だろうけど、どっかで"アドリブ苦手"的なことを言ってた気がする(曖昧すぎか)ので、見る前はThe アドリブ舞台に挑むのか…と思っていた。でもやっぱ普段から仲のいい人たちと一緒ならアドリブって映える、本当に関係性が出てしまう舞台だと思う。だからこそ4人、仲良いんだな〜と思ったし、フォローされたりしたりをたいちぇちゃんもしていて、バラエティ叩き込まれてんな〜!と思った。

無茶振りされるシーンで(全部そうじゃん)長尾くんに「一発ギャグ!」と振られ、「俺一発ギャグするの普通なのよ!」と返したたいちぇちゃんが最高に好きだった。要は、彼にとって一発ギャグとは無茶振りでもなんでもなく、特技であり武器であり、やはりギャグに長けた人間だ…と思った。バラエティ方面にも突き進んでほしい。

 

 

私が見たたいちぇちゃんのアイドルとしての姿は長い10年間の中の一部に過ぎない。それでも私が見たたいちぇちゃんはいつでも輝いていてとても素敵で、好きでいさせてくださいと強く思う。

私はアイドル福本大晴さんのパフォーマンスが好きで、そこから滲み出る努力や葛藤が人間らしさもあって、でも辛さや悔しさをまるで見せないアイドル根性に惚れた、あともちろん顔(結局)

アイドル福本大晴さんが連れてきてくれた客席で私が見ることのできた舞台がどれも私の中にいろんなものを残してくれて、その度にあなたが好きになった。

なんか色々とJr.担って面倒だし大変だし、その度に「ハ?!ジュニア担するの無理辞めてえ」ってなるんだけど、それでもたいちぇちゃんが好きだから辞めれない、辞めない

 

私は福本大晴さんが好きだ、Aぇ! groupが好きだ。なんなら関西ジャニーズJr.が好き、関西ジャニーズが好き、ジャニーズが好き、エンターテイメントが好き。

こうやって好きなものを辿るととても広いものにたどり着く、私なら"エンターテイメント"にたどり着く。こんな広いエンターテイメントの世界の中で、福本大晴というアイドルを知ることができて、応援できる人生で本当に良かったなと思います。

 

 

10年間もアイドルで、ジャニーズでいてくれてありがとうございます。その中でたくさんの素敵な記憶になった景色を見せてくれてありがとうございます。これからもアイドルとして、私たちの中に残るそういう景色を増やしてください!絶対に!

とても好きです。

 

 

 

いつもアホみたいなことばっか言ってて、たいちぇちゃんへの気持ち?をこんなにハッキリ言葉に残したことがない気がするので少々恥ずかしいのですが、長々と書いてしまいましたが読んでくださった方はありがとうございます。

 

f:id:taichechan_kawaii:20210403082815p:image